文字サイズ変更:

雑貨屋ラヴェル・ヴィアータ 2 「青の魔法監視士」



(1)魔法監視士と不思議な雑貨屋

 空は今にも雨が降りそうな曇り空。
 午後からお茶会に呼ばれているリームは、降り出さないといいなぁと思ってしまう自分に気づいて、心の中でぶんぶんと首を横にふった。
 別にお茶会に行きたいとかそういうわけではなくて、ただ雨が降ってしまうとフローラ姫がまた泣いてしまうんじゃないかと思っただけで――いや、心配してるとかそういうわけでもなくって……。
「……? お嬢ちゃん、ほら、おつり要らないのかい?」
「あ、ああっ、ごめんなさい!」
 怪訝そうな声に、リームは慌てて果物屋のおじさんからおつりを受け取った。
 黒竜の背に乗ってお姫様に会いに行った御伽噺のような夜からひと月余り。季節は初夏にさしかかっていた。
 リームは、10日に1度ほどの頻度でフローラ姫の元へお茶会に行ったり、相変わらず意味なくのぞきに来る腹黒宮廷魔法士の小鳥を追い払ったり、ひたすら暇な雑貨屋の店番をしたり、そんな毎日だ。
 たまにティナから頼まれるおつかいは、食料品から雑貨まで幅広く、荷物が両手いっぱいになってしまう。懲りずにお店に並べる商品を検討しているらしいのだが、結局検討したってティナの言う『独自のルート』というやつで仕入れてしまって、いつのまにやら常識を無視したヘンな商品が紛れてしまうのだ。本当どーにかしたほうがいいのにとリームは思う。
 今日の最後の買物は野菜。生鮮品のお店が並ぶ通りを進むリームの耳に、ふと買い物をする女性の立ち話の声が届いた。
「……んまぁ、本当なの? 魔法監視士なんて、珍しい!」
「あたし、初めて見ましたよ。噂通りの真っ青なローブでした」
 ばさっ、と、思わず両手の荷物を取り落として振り返るリーム。魔法監視士、それは『青』の正式名称だ。
 見ず知らずの奥さんたちだったが、リームは構わず駆け寄った。
「あの! この街に『青』が来てるんですか!? どこにいるんですかっ!?」
「えっ? えぇ、そうね。確かに『青の魔法監視士』だったわ。男の人ふたりだったわよ」
「『青』の人が来る時は、領主様のお屋敷に滞在するって話だけど……まぁ私たち庶民には関係のない話よねぇ」
「分かりました、ありがとうございます!」
 ぺこりとお辞儀をして駆け出そうとして、はっと我に返り、リームは道に置きっぱなしの荷物を取りに戻る。荷物を持ったあと一瞬迷ったが、すぐに再び駆け出した――雑貨屋ではなく領主の屋敷のある方向へむかって。
 あの『青』がこの街に来ている! 一国に10人もいないと言われている魔法監視士に会える機会は本当に少ない。彼らは魔法士たちの不正を取り締まり、また地域の魔法士では対処できない事柄を解決するため、常に国中の街を転々としているのだ。
 王都にある神殿で暮らしていたリームも、魔法監視士に会ったのは一度きり。ずっと目標にしている、憧れの存在だった。


 レンラームの街の領主は中程度の貴族で、街の中心部の屋敷に住んでいる。ストゥルベルの領主が城に住んでいるのとは違って、どちらかというと大商人の屋敷に近い。
 とは言っても、やはり庶民がおいそれと近寄れるわけはなく、屋敷の周囲には広い庭、庭の周りには飾りのついた鉄柵、大きな門の前には厳つい門番が立っていた。
 息を切らせながら領主の屋敷が見えるところまできて、リームはやっと少し冷静になってきた。
 別にここに来たからといって『青』に会えるわけでもないし、運が良くて姿を見られるぐらいだろう。ものすごーく幸運に恵まれて声をかけることができたとしても、庶民の子供の話なんて聞いてくれるはずがない。
 分かってはいるのだが、そう簡単に割り切れないのだ。そわそわしながら屋敷を遠巻きに見るリーム。門番に睨まれている気がしたが、せっかくなので姿ぐらい見えないものかと、視線に耐えてしばらくねばった。
 ――ゴォーンと遠くで神殿の鐘が鳴る。そろそろ帰らなければ、今日はお茶会の約束があるのだ。すっぽかしたら、フローラ姫の涙で池ができてしまうだろう。
 名残惜しそうに領主の屋敷を振り返りながら、リームは雑貨屋のある通りへと歩いていった。
 フローラ姫だったら『青』に知り合いもいるんだろうか。ふと思ってしまって、いや、それはぜったいダメだ、とリームは思い直す。フローラ姫を頼ってしまったら、これまで一人で生きてきて、これからも一人で生きていこうと決意した自分をすべて否定してしまうような気がした。


 しかし、幸運は思わぬところからやってきた。
 雑貨屋のあるリゼラー通りへと出る小路を曲がった時、前方に鮮やかな青いローブ姿の2人組が見えたのだ。
 ひとりは赤い髪を短く切った筋肉質の男性。もうひとりはごく淡い青銀色の長い髪を下ろした線の細い男性。いつもの街の風景にまったく似合わぬ異彩を放ちながら通りを歩いていた。
 そのふたりの姿を認めた瞬間、その場に硬直してしまったリームは、一気に体温が上昇するのを感じた。こんなにドキドキと心臓が早鐘を打つのは、王妃様の背に乗った時ぐらいだ。
 こんなチャンスは二度と無い。運命の女神メービス様に感謝の祈りをつぶやき、荷物をその場に手放してリームは駆け出した。
「あの! 魔法監視士さんですよね!」
 声をかけられた二人は、何やら難しい話でもしていたのか、しかめていた表情を緩めてリームを見下ろした。
「なんだい、嬢ちゃん。悪いが、俺たちは個人の依頼は受けねぇんだ。困ったことがあるなら領主を通してくれ」
「握手ぐらいならしてさしあげますよ。わたくしがかの有名な魔法監視士イシュ・サウザードです。お友達に自慢できて良かったですね」
「……おい、イシュ。そんなんだから『青』ギライの人間を増やすんだぞ」
 ――なんだか、ちょっとイメージが違った。
 昔会った『青』の人はこんな感じだったかなぁと、幼い頃の記憶を辿りながら、リームは青銀色の長い髪の魔法監視士――イシュに言われるままに握手をする。
「あ、あのっ、私、ずっと『青の魔法監視士』に憧れててっ……私も、『青』になりたいと思ってるんですっ」
「そうですね。憧れるのは大変よろしいことですが、魔法監視士はわたくしのように天才的な才能にあふれる人物しかなれませんから」
「あーもうお前は喋るな。『青』の評判が落ちる」
 少々ぶっきらぼうな口調の赤い髪の魔法監視士は、イシュとリームを軽く引き離す。
「なれるなれないは別にして、夢を持つのは良いことだ。まずは魔法士になって技術を磨くことだな。がんばれよ」
 笑顔は見せないものの、赤い髪の魔法監視士はそういってぽんぽんとリームの頭に手をおいた。ふたりが行ってしまう気配を感じて、リームは慌てて食い下がった。もう二度と会えないかもしれない、貴重な機会を簡単に逃がしてなるものか。
「ま、待ってください! 私……『青』になれますか? 才能ないですか? 素質があるかどうか、見てもらえませんかっ」
 リームが以前ティナに見せた魔法――魔力の指標となる〈小さき光〉を唱えようとすると、赤い髪の魔法監視士が手を振ってそれを止めた。
「すまねぇが、俺達はそういう役目を負っていない。別の仕事があるから、失礼させてもらうぞ」
「さようなら、わたくしのファンのお嬢さん。四神〈フォーシィ〉の御加護があらんことを」
 こうしてふたりは去っていき、リームはその場に立ったまま、ひとりその背を見送っていた。
 ふたりの姿が見えなくなってもまだドキドキと鼓動はおさまらず、リームはふわふわとした足取りで放っておいた荷物を取りに戻り、帰り道を歩き始めた。
 ちょっと個性的な人たちだったけど、本物の『青の魔法監視士』と話すことができた……!
 魔法を見てもらえなかったのは残念だけど、会えて話せただけでも信じられないくらい幸運だ。しかも、がんばれと言ってもらえた。
「よーし、がんばって魔法士になって、『青』になるぞー!」
 両手いっぱいの荷物の重さもなんのその、リームは浮かれたステップを踏みつつ雑貨屋へと帰っていったのだった。



「ただいまー! ティナーっ、ちょっと聞いてくださいよー!」
 満開の笑顔で雑貨屋に帰ってきたリームだったが、残念ながら店内にティナの姿は見えなかった。
 近頃リームが出かけているときは必ず店にいたのに、珍しいことだ。『青』に会ったことをすぐに話したくてたまらなかったリームは、ちょっと拍子抜けしてしまった。
「ティナー? 戻りましたよー?」
 カウンターの裏手の台所を覗くが、誰もいない。2階だろうか。リームは先程の呼びかけで降りてこないか少し待ってから、あらためてカウンターにある呼び鈴をチリンチリンと鳴らした。
 普段ならパタパタと足音が聞こえるのだが今日はそれもなく、リームが階段の上を見上げていると、そーっと様子を見るようにティナが顔を出すのが見えた。
「……あ、リームか。おかえりー……」
 どことなくどころか明らかに元気の無い声、なんとか笑みの形を作りましたという表情で、ティナがゆっくり階段を降りてきた。
 『青』のことでテンションがあがっていたリームも、さすがに只事ではない様子に気づく。
「ティナ? 何かあったんですか? 絶対何かあったんですよね?」
「え、いや……別に何も無いわよー。ちょっと考え事で、頭が疲れたっていうか……」
「ちょっと考え事? ちょっとどころじゃなくって、悩み事で眠れなくて徹夜したような顔してますよ!」
「そうなの? やだなぁー。しっかりしなくっちゃ」
 ティナはぺちぺちっと両手で軽く自分の頬をたたくと、きゅーっと口角をひっぱって笑みの形を作った。そして、ぱっと両手を離すと、今度は幾分自然な笑顔でリームに言った。
「まぁ私も人間だから時には悩んだりもするんだけど、立ち直りは人一倍早いから、心配しないで。さぁ、今日の買い物はどうだった? 何かいいものはあった?」
 ティナが一体何を悩んでいるのか見当がつかなかったが、聞いてもいつも通り笑って誤魔化して答えないことは予想できたし、たとえ答えが得られたとしても自分がなんとかできる悩みではないのだろう。そういうときは普段通り接するのが一番、と、神殿の共同生活で学んでいたリームは、買ってきた荷物を出しながらとりあえず自分の話を進めることにした。
「実はですねっ、私今日、なんと『青』に会っちゃったんです!!」
「えぇっ!? リームにまで!? それで、どんな事を聞かれたのっ?」
「はぃ……?」
 あまりにも唐突に、今まで見たことが無いぐらい真剣な表情で聞かれて、リームは頭が真っ白になってしまった。リームのぽかんとした表情を見て、厳しい表情だったティナはあっと息をのみ、一転して失敗したな〜と頬をかく。
「あー、ごめん。今の無しね。そっか……そういえばリームって『青』になるのが夢だったんだっけ」
「えっとー、どういうことですか? 私が『青』に何か聞かれることがあるんですか? ……あ。」
 やっとリームは気がついた。すっかり慣れきってしまっているが、ここは街で噂の不思議な雑貨屋なのだ。魔法士を取り締まる『青』が調査に来てもおかしくない。ティナの悩みの種は『青』だったのだろうか。
「……あの、ティナ。私はティナを信じてますけど……まさか、『青』に捕まるようなこと……してませんよね?」
 おずおずと尋ねるリームに、ティナは視線をくるりと回して、少し考えながら答えた。
「んー、そもそも『青の魔法監視士』って、人間社会における魔法の適正利用を目指しているわけでしょ。適正って何、って話になるわけよ。……少なくとも私は絶対、魔法を人の道にはずれるようなことには使ったりしてない。そりゃもう……神に誓って」
 普段信仰心が希薄な(ようにリームには見える)ティナが神に誓うなんて言葉を使うのを、リームは初めて聞いた。
 適正利用うんぬんはよく分からなかったが、ティナが魔法で犯罪をおかしているようにはまったく思えない。……ただちょっと、店に全然客が来ないのに収入はどこから来るのかとか、リームが店番している間ティナはどこに行っているのかとか、疑わしき点はあるのだけど……。
「…………」
「ああっ、リーム、その目は疑ってるでしょー! 今、信じてますって言ったばっかりじゃない!」
「でっ、でも! ティナは悪いことなんてしないって思いますけど! 傍から見て不審な点が多すぎるんですもん! 『青』が怪しむのも無理ないと思います!」
 リームの言葉に、ティナは深く深く溜息をついた。再び徹夜明けの疲れきった表情に戻ったようだ。
「確かにそーなのよねー……だから『青』って苦手なのよ」
「『青』の人たちもお仕事でやってるわけですから、仕方ないと思いますっ」
「んんー、なんとかやり過ごすしかないか……」
 くたーっとカウンターに寄りかかるティナに、リームは荷解きを再開しながら言った。
「後ろ暗いことがないなら、『青』の人に全部説明したらどうですか? それでも分かってもらえなかったんですか?」
「いや、まぁ、いろいろあって……正直私は『青』が苦手だから関わりたくないって言うか……そうね、リームが貴族になりたくないっていうのと似たような感じかな」
「えぇー? 何が一緒なのか分かりませ……あぁっ! ティナ、今日お茶会です! 今何刻ですか?」
 『青』に出会ったことですっかり忘れていたが、今日はフローラ姫とのお茶会があるのだった。慌てるリームだったが、ティナは落ち着いて売り物の時計を確認しながら言った。
「まだ時間は大丈夫……だけど、困ったなー。ちょっと店番しててくれる? 買い物してくれた荷物は適当に置いといてくれていいから」
「えっ、ティナ、どこか行くんですか?」
「ううん、部屋に居るけど、何かあったら呼び鈴で呼んで」
 それだけ言って、ティナはひとり2階へとあがっていってしまった。
 こういう何をやっているのか分からないところが一番怪しまれるのになぁと残されたリームは思ったが、自分が言ってどうにかなることでもなさそうで。
 せっかく『青』に会えて気分が良かったのに、思わぬ心配事ができてしまったリームだった。

 目次   次→



inserted by FC2 system